自慢の部位

私の自慢の部位、それは瞳です。
なぜ瞳を挙げたかというと、私の瞳はそこまで大きくはないですが
なんといっても色素が薄いのです。
真っ黒ではなく、結構明るめの茶色なんです。
透き通っていてきれいだなと、自分の自己愛の強さに
半ばあきれながら眺めるのが好きです。
特に瞬きをゆっくりするとき、瞳にかかるまつ毛から
見える瞳が至極の一品なのです。
大変気持ちの悪い文章で不快にさせてしまい
申し訳ございません。

今までで得したことといえば
ないような気もしますが、
人に色素薄くてうらやましい、
カラコンいらないね、とは言われます。
でもそれだけのことで
実益があるようなことは特にあったような
記憶がありません。
もっと恩恵があればいいのにといつも
おもっています。

そして今現在もっとも気になっている部位が
私の脚です。
なぜかというとわたしの脚は
いつも痣ができているからです。
別にそうゆう趣味でもなく
ただ日々を生活する中で
気が付くと痣ができているという状態です。
痣をみるたびに
ああ、今日も頑張ったんだなあと
自分を褒めたくなる気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です