誰にでも褒められる白い肌

私は子供のころからよく「色の美しい子だね」と両親や祖父母など大人の人から褒められてきました。
中高生になるころには友達からも「女の子らしくて、肌が白いの羨ましい」とよく言われるようになりました。実際、私のまわりで私以上に白い子はたぶん見たことがありません。
日焼けしても赤くなるだけでまた元の色に戻ります。健康的な小麦肌に憧れたこともありますが、肌が白いことで損をしたことはないし、大人になるにつれて褒められることも増えてきたので、この白さを保てるように夏場はあまり長時間の外出はしないように心がけています。
ただ自分的にですが、白は膨張色というイメージがあって身体がブヨブヨして見えないか気になっているので、ある程度の筋肉をつけて引き締まって見えるようにしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です