長めの足

自分の体で自信があるのは、足の長さです。自覚したのは、中学校3年生の時です。学校でのジャージ姿で足が長いといわれました。いわれてみれば、当時Lサイズのジャージが短く、足首が出ていました。座高はほとんど変わらず、身長の伸びがほとんど足にいきました。制服のスカートが長く見えるために注意を受けましたが、地面からの距離は適切だったので、先生も何も言えなくなっていました。高校に入学し、担任が体育の女性教師でしたが、その先生に、「かっこいいな!」と言われました。後輩が時々部活を覗きにきたりし、女子高だったため、モテました。得することは、ジーンズを切らずに買うことができること、試着した時の店員さんの羨望の眼差しは自慢です。パンツにヒールを合わせて歩けば、長身も手伝ってかっこいいといわれることが多いです。それ以外は、正直あまり得することはありません。今気になるのは、その自慢の足の中で太ももの肉がたるみ始めたことです。パンツをはいた際に、少したれ気味に見えてしまうので、そこを改善したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です